ほとんどの人は、高校を卒業した後に普通自動車の免許を取りに行きます。この自動車免許ですが、通常は最寄りの自動車教習所や自動車学校へ通うことになります。自動車教習所は、そこで運転の技術を学び、そして検定を受け合格すれば卒業という流れです。自動車学校の場合は、技術は学べますが検定は行いません。管轄の免許センターで検定や試験を受けるのです。

検定の受け方に違いがあるこの両者ですが、共通する点は自宅から通い免許取得を目指すというところです。免許を取る場合、こういった自宅から通うケースが一般的ですが、中には合宿免許というものもあるのです。これは地元を離れ、地方の教習所に泊まり込むというもので、最近人気が集まっています。

参考サイト > 全国のおすすめ教習所情報が満載!|合宿免許ハンター

合宿免許は主に地方にあり、のんびりとした風景の中で、集中的に教習を行っていきます。泊まり込みですから、通学タイプの教習所と違い朝から夜までみっちりと教習を受けることになります。卒業後は、地元の免許センターで試験を受け、合格すれば免許取得です。長期休暇を利用して、こういった合宿免許を取りに行く学生が今、増えています。では、その合宿免許の内容とはどのようなものなのでしょう。次に、じっくりと解説します。

Comments Are Closed!!!
2016年8月
    9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ